海外旅行を行う時にはプリペイドカードが必須です

メリットについて

腕を組むサラリーマン

プリペイドカードというと、コンビニやショッピングセンターなどで使える、あらかじめお金を入金しておいてレジの時にカードをかざすだけで購入できる便利なもので決済も楽ですが、クレジットカード会社が発行しているトラベルプリペイドカードというものがあります。
もちろんプリペイドなのであらかじめ入金しておくことが必要ですが、1枚持っておけば海外で大金を持ち歩かなくてもいいので安心です。
そして、海外ATMでカードを使えば現地通貨を引き出せるのです。
そのためわざわざ現金を現地通貨に両替する手間が省けますので非常に便利です。
手数料も両替する時と比べると割安となっています。
一度に引き出せる金額に制限があるので使い過ぎも防げます。

海外旅行に行く際はプリペイドカードを持っていくことが今後ますます増えていきます。
旅行先の海外についたらまずは、現金を現地の通貨に替える必要があります。
ホテルのフロントなどで両替を行うことができますが、ホテルによって手数料はばらつきがあります。
手数料が割高であったり、レートが悪い時もあります。
それがプリペイドカードであれば、海外渡航先に到着したら両替の必要がなく海外ATMで現地の通貨を引き出すことができます。
手数料も領外手数料とくらべると割安です。
ただし、クレジットカードはいらないというわけではなく、クレジットカードには海外旅行の際の保険がついていますので、ある程度の現金とクレジットカードそしてプリペイドカードがあれば便利です。